男女別性病検査の基準

男女別検査の基準

自分が『性病にかかっているかもしれない…』と不安に思った時、どのような症状が現れていたら検査すべきか?という基準があれば分かりやすいのではないかと思います。

性病にはハッキリとした症状が出ないまま病気が進行しているというケースも多いですが、できるだけ早期発見につなげるためにも、感染の可能性がある行為の後や、少しでも体に違和感を覚えたりした場合は早めに検査するよう心がけましょう。

性病検査の判断基準とは?

性病の種類によって症状は異なりますが、どのような時に性病を疑うべきなのか、主な症状と事例を挙げていきます。

男性、女性に関わらず、性行為をした相手の性器が赤くなっていたりブツブツができていたりした場合には性病を疑った方がよいでしょう。

また、性行為をした数日後に性器にかゆみを感じたりした場合も感染の可能性があります。

他にも、排尿時に痛みを伴う、性器にイボのような突起物ができたなど、身体に異変が現れた場合は早めに検査を行った方がよいでしょう。

これらの症状は一旦治まる場合もありますが、性病であった場合は潜伏し続けてさらに病気は進行していきます。そのまま放置していると重症化につながるケースもあるので注意が必要です。

男性が注意すべき主な症状

男性の場合どのような症状が出たら性病を疑うべきか?以下のような症状が現れていたら性病に罹患している可能性があります。

  • 性器に水膨れができた
  • 足のつけね部分にしこりがある
  • 睾丸に痛みがある
  • 排尿時に痛みを伴う
  • 喉に違和感がある

女性が注意すべき主な症状

あなたが女性の場合、性病に罹患しているかを判断する時にチェックしておくべき主な症状は以下になります。

  • 性器周辺がかゆい
  • おりものの色がおかしい
  • おりものの量が多くなった
  • おりものの臭いが気になる
  • 陰部にブツブツがある
  • のどに痛みやかゆみがある
  • 排尿時に痛みがある

上記以外にも性病の症状として挙げられるものはいくつかありますが、これらは代表的な性病に感染した場合に見られる主な症状なので、参考として確認しておいてください。

異常が見られる時はすぐ検査!

上記で挙げた症状が出たからといって必ずしも性病にかかっているというわけではありませんが、感染が疑われる行為があった後の場合は、まず検査することをおすすめします。

性病は軽い症状が出て一旦治まる場合もありますが、そのまま自然に治癒することはなく、治療を受けない限り完治することはありません。

感染を放置したままでいると病気はさらに悪化していきますし、あなたのパートナーにまで感染が及んでしまう危険性もありますので、自分自身の身体と大切なパートナーを守るためにも早めに検査することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました