淋菌の症状と検査法

淋菌の検査法

淋菌はクラミジアに次いで感染者数の多い代表的な性病の一つで、主に性行為を通して感染していきます。

一度の性行為で感染する確率は30%と非常に高く、オーラルセックスを介して、咽頭(のど)に感染することもあります。

また、淋菌に感染していた場合、クラミジアにも同時感染しているケースもあるので、症状が疑われる場合はこれらの項目を併せたセット検査を受けるのがよいでしょう。

ここでは郵送検査キットを用いた男女別の淋菌検査法についてご紹介します。これから検査を検討されている方は参考にしてみてください。

男性の淋菌検査法

淋菌は男女で症状がまったく異なることが特徴で、男性の場合は比較的症状が現れやすいです。

感染後2~7日の潜伏期間を経て主に尿道炎が起こり、時には歩行困難になるほどの痛みを伴います。放置すれば精巣上体炎を生じ、無精子症につながる恐れもあるので要注意です。

股間に痛みを感じる男性

以下のような症状が現れていたら、淋菌に感染している可能性があります。

  • 排尿時に痛みを感じる
  • 尿道にかゆみがある
  • 尿道にに灼熱感がある
  • 黄色く濁った膿が出る
  • 性器が全体的に腫れている

これらの症状が見受けられた時は淋菌の可能性が高いのですぐに検査を行いましょう。

男性の場合は尿を採取する方法で淋菌に感染しているかどうかを検査することができます。

(引用:GME医学検査研究所)

起床後初めての尿(または最後の排尿から2~3時間経過後のもの)を採取し、検査機関に返送するだけなので簡単に検査することができます。

上記の採取動画は郵送検査のうちの一社、GME医学検査研究所のものです。

検査の方法については各検査会社により採取キット採取検体が異なる為、若干の違いがあります。したがって検査を受けられる際は、実際にご自身が利用される検査会社の案内・説明に従い、詳細をよく確認してから採取を行ってください。

上記の様な採取方法はあくまでGME医学検査研究所のものになります。

検査の時期は感染が疑われる行為から1~2日後には可能となりますので、気になる時は早めに検査するようにしましょう。

女性の淋菌検査法

女性の場合は感染していても気づかないことがほとんどで、約80%が無症状であるとされています。

しかし、気づかないまま放置しておくと子宮内膜炎卵管炎を引き起こし、不妊症など症状の悪化を招く恐れもあるため、できるだけ早期発見・早期治療につなげることが重要です。

疑問に思う女性

淋菌が疑わしい症状としては…

  • おりものの量が多い
  • 緑黄色の濃いおりものが出る
  • 不正出血がある
  • 陰部のかゆみ
  • 排尿時に痛みを伴う

これらの症状が見られた時は早めに検査をした方が良いでしょう。

女性が淋菌検査をする場合は、膣分泌物を検査する方法で行います。綿棒を膣内に挿入し、軽く回しながら分泌物を採取します。

(引用:GME医学検査研究所)

短時間で簡単に検査することができるので、発症の疑いがある方は、まずは検査してみてください。

検査が可能な時期は感染が疑われる行為から1~2日経過後となります。

上記の採取動画は郵送検査のうちの一社、GME医学検査研究所のものです。

検査の方法については各検査会社により採取キット採取検体が異なる為、若干の違いがあります。したがって検査を受けられる際は、実際にご自身が利用される検査会社の案内・説明に従い、詳細をよく確認してから採取を行ってください。

上記の様な採取方法はあくまでGME医学検査研究所のものになります。

咽頭(のど)淋菌の検査法

クラミジアと同様、淋菌もオーラルセックスによって咽頭(のど)へ感染します。

性器淋菌感染者の10~30%は咽頭にも淋菌の感染があると言われていますので、感染が疑わしい場合は性器と咽頭(のど)を併せて検査しておく方がよいでしょう。

のどに違和感を覚える女性

咽頭淋菌は症状が現れにくいため気づかないことが多いですが風邪に似た症状が現れます。

  • のどの腫れ
  • のどの痛み
  • のどの発赤
  • 発熱など…

性交渉の後にこのような症状が現れた場合は、感染を疑った方が良いかもしれません。

咽頭淋菌を検査する方法は主に2種類。

綿棒で咽頭をぬぐい検体を採取するスワブ法と、うがい液を用いた採取方法です。

スワブ法の方はのどの奥に綿棒を突っ込んで擦過するため少し負担に感じますが、うがい液法は単にうがいをするだけなのでスワブ法よりも簡単です。

しかも、うがい液のほうが菌の検出率が良いというデータもありますので、検査をお考えならば、うがい液法での検査をお勧めします。

(引用:GME医学検査研究所)

上記の採取動画は郵送検査のうちの一社、GME医学検査研究所のものです。

検査の方法については各検査会社により採取キット採取検体が異なる為、若干の違いがあります。したがって検査を受けられる際は、実際にご自身が利用される検査会社の案内・説明に従い、詳細をよく確認してから採取を行ってください。

上記の様な採取方法はあくまでGME医学検査研究所のものになります。

症状が悪化する前に早めの検査を!

淋菌は男性の場合と女性の場合で症状が異なりますが、いずれも検査をする方法はとても簡単なものなので、少しでも淋菌感染症に該当するような症状があれば、まずは検査をしてみることをおすすめします。

不安を抱えたまま放置しているよりも、まずは一度手軽に検査してみた方が精神的にも楽になりますし、何より症状を悪化させるリスクを大幅に減らすことができます。

タイトルとURLをコピーしました