HPVの症状と検査法

HPVの検査法

HPV(ヒトパピローマウィルス)は、性交渉によって感染するウィルスですが、女性であれば50~80%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウィルスです。

HPVには100種類以上の型が存在し、そのうちのいくつかの種類が子宮頸がんを引き起こすことで知られています。

HPVに感染しても、必ず子宮頸がんになるわけではありませんが、持続感染していると子宮頸がんを引き起こす可能性は高くなります。

ですが、がんになる前に発見することができれば、治療することも可能なので、定期的に検査を行いリスクを未然に防ぐようにしましょう。

HPVは郵送検査キットを用いて自宅でも検査ができるので、ここではその方法について解説していきます。

HPVは大きく2つの型に分類される

HPVには100種類以上の型が存在すると上記で述べましたが、そのうち発がん性のある15種類が高リスク型とされ、発がん性のないものは低リスク型とされています。

ウィルス

高リスク型の中でも特にリスクの高いのがHPV16型18型の2種類で、子宮頸がんの約70%が、このHPV16型と18型が原因であるとされています。

一方、低リスク型はがんは発症しませんが、性器、肛門、咽頭などに、尖圭コンジローマというイボを発症することがあります。

初期の段階では、自覚症状はさほどありませんが、徐々に大きくなるにつれ痛みやかゆみを伴い、時には出血なども見られます。

感染しても必ず子宮頸がんになるわけではない

HPVは主に性交渉で人から人に感染しますが、大半の人が感染しているごくありふれた感染症です。たとえ感染したとしてもほとんどの場合が一過性の感染で、時間の経過とともに90%以上は体内から自然消失します。

しかし、稀に消失せずに感染を持続する細胞があります。この持続感染が長期化すると子宮頸がんを引き起こす可能性は高くなります。

通常、子宮頸がんになるまでは数年~十数年という長い期間を要するので、この間に発見することができれば、治療することができるのでがんに至ることはありません。

このリスクを少しでも回避するために定期的な検査は重要と言えるでしょう。

HPVの検査方法

HPVは感染しても症状がなく、非常に自覚しにくいですが、子宮頸がんの進行にともなって下記のような症状が現れる傾向にありますので、気になるときは早めに検査を行うようにしましょう。

腹部と背中に痛みを覚える女性
  • 性行時に出血が見られる
  • 普段と違うおりものが増える
  • 膣に違和感がある
  • おりものに異臭がする
  • 背中や下腹部に鈍痛がある

以上のような症状が見られた時は注意が必要です。

郵送検査キットを用いたHPVの検査法は「膣分泌物検査」となります。

膣内に綿棒を挿入して分泌液を採取する方法です。

(引用:GME医学検査研究所)

上記の採取動画は郵送検査のうちの一社、GME医学検査研究所のものです。

検査の方法については各検査会社により採取キット採取検体が異なる為、若干の違いがあります。したがって検査を受けられる際は、実際にご自身が利用される検査会社の案内・説明に従い、詳細をよく確認してから採取を行ってください。

上記の様な採取方法はあくまでGME医学検査研究所のものになります。

HPVは随時検査を行うことが可能なので、心配になったらすぐに検査をするようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました