トリコモナスの症状と検査法

トリコモナスの検査法

トリコモナスとは、トリコモナス原虫(微生物の一種)が性器内に入り込み、炎症を引き起こす性病です。

他の性病とは異なり、若年層だけでなく中高年まで幅広い年代層で感染が見受けられるのが特徴。

トリコモナスは乾燥には弱いですが、水中では長時間生息するため、下着やタオル、トイレの便座や浴槽を通じて感染するケースもあり、したがって性交経験のない女性や幼児にも感染する可能性があるとされています。

比較的女性には強い症状が現れる傾向がありますが、それでも感染者の20~50%は無症状であると言われています。

主に女性の自覚症状によって病気が発覚する場合が多いですが、それで仮に治療をしたとしてもパートナーの男性に感染していれば、再度感染させられてしまう“ピンポン感染”が起こってしまう危険もありますので、症状が疑わしい時はパートナーも一緒に検査をするのが良いでしょう。

ここでは、男女別トリコモナス検査法について解説していきます。

男性のトリコモナス検査法

男性の場合は尿道の感染だけであれば排尿によって洗い流されることもあり、女性よりも症状は軽く気づかない場合が多いです。

放置すると尿道炎前立腺炎を起こすこともあり、パートナーに感染する可能性もあるので、気になる症状が出ている時は早期発見・早期治療につなげましょう。

頻尿に悩む男性

男性の主な症状としては…

  • 排尿時に軽い痛みを伴う
  • 尿道からうみが出る
  • 尿道がかゆい、熱っぽい
  • ひん尿

上記のような症状に当てはまる場合はトリコモナスの可能性があります。

男性の場合は尿を採取をする方法で検査することができます。朝いちばんの尿を採取し、それを検査機関に郵送するだけで検査は行われます。

(引用:GME医学検査研究所)

上記の採取動画は郵送検査のうちの一社、GME医学検査研究所のものです。

検査の方法については各検査会社により採取キット採取検体が異なる為、若干の違いがあります。したがって検査を受けられる際は、実際にご自身が利用される検査会社の案内・説明に従い、詳細をよく確認してから採取を行ってください。

上記の様な採取方法はあくまでGME医学検査研究所のものになります。

性行為をしてから1~2日後には検査可能となっていますので、疑わしい場合は早めに検査することをおすすめします。

女性のトリコモナス検査法

女性はトリコモナスに感染すると膣炎症状を起こしますが、感染者の約半数は無症状と言われています。

しかし、無自覚のまま放っておくと炎症が卵管まですすみ不妊症早産のリスクも高まるので、感染が疑わしい時は早めの検査が必要です。

異臭に鼻をつまむ女性

以下のような症状が見られるときは注意です。

  • 外陰部のかゆみ
  • 膣内が熱いと感じる
  • 悪臭の強い黄緑色で泡状のおりもの
  • 性交痛、性交不快感
  • 排尿時の痛み 

上記のような症状が現れた場合はトリコモナスの可能性が高いので検査してみましょう。

検査方法は、膣分泌検査という方法を用います。膣の中に綿棒をいれて、分泌液を採取したものを検査します。

(引用:GME医学検査研究所)

上記の採取動画は郵送検査のうちの一社、GME医学検査研究所のものです。

検査の方法については各検査会社により採取キット採取検体が異なる為、若干の違いがあります。したがって検査を受けられる際は、実際にご自身が利用される検査会社の案内・説明に従い、詳細をよく確認してから採取を行ってください。

上記の様な採取方法はあくまでGME医学検査研究所のものになります。

検査を受ける時期としては感染が疑われる行為から1~2日経過後。生理中の時や、直前に性交を行った時の検査は控えるよう注意しましょう。

トリコモナスは性行為以外でも感染する

トリコモナスは主に性行為によって感染しますが、下着やタオル、トイレ、浴槽など、身近な生活環境が感染源となり得る場合もあります。

ですから、できるだけ不衛生な日用品との接触や、不衛生な相手との性行為は避けるなどの注意を払い、感染のリスクを減らせるように気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました